いばらき地域適合型木造住宅コンペ | 茨城県木材協同組合連合会

茨城県木材協同組合連合会
ホーム > いばらき地域適合型木造住宅コンペ

いばらき地域適合型木造住宅コンペ

地元の大工が地元の木で建てるといい家になる、と言われます。南北に長い日本は気象や地理条件が地域で異なり、その土地独自の材の選び方、組立方など長年積み重ねられた経験や工夫を取り入れる地元の大工こそが、長く住める家を建てられるからです。また、地域大工・工務店は完成後もきめ細かいアフターメンテナンスや修繕に対応します。地域には信頼関係に根ざした安心できる家づくりのシステムが構築されていたのです。

 

茨城県では家づくりの原点に戻り、地域が育んだ木材を利用し現代のライフスタイルに合う木造住宅を適正な価格で提供するため、地域の大工・工務店と建築設計事務所が連携・協力しながら、家づくりを通して建築主との信頼関係を育てていく、安心と信頼の地域ルール「いばらき地域適合型木造住宅供給システム(自然が育み、人の和が育てる)」を確立したいと考えています。

 

関連事業者の連携、協力のもとに提供された良質な木造住宅の企画や提案を含む建築実例を募集し、ここにまとめました。皆様の家づくりの検討の一助となれば幸いです。

平成28年度いばらき木造住宅コンペ

平成28年度いばらき木造住宅コンペ作品集(pdf:12M)

平成27年度いばらき木造住宅コンペ

平成27年度いばらき木造住宅コンペ作品集(pdf:11.5M)
  • 合法木材供給事業者認定制度
  • 安全衛生教育講習会
  • いばらき地域適合型木造住宅コンペ
  • 柱材プレゼント
会員専用情報
  • ログイン
  • ※一般の方はご覧になれません。