合法木材供給事業者認定制度 | 茨城県木材協同組合連合会

茨城県木材協同組合連合会
ホーム > 合法木材供給事業者認定制度

合法木材供給事業者認定制度

 現在世界規模で森林が急速に失われています。その原因のひとつが海外で行われている違法で無秩序な伐採といわれています。森林の減少は地球の温暖化、生物多様性の減少などの環境問題につながります。
 違法伐採に対処するため政府は、各国と協議して木材輸出国における違法伐採対策の支援を実施するほか、グリーン購入法に基づき、平成18年4月から政府調達の対象となる木材・木製品について、合法性が証明されたものを購入することに決めました。
 政府の決定に対応するため、森林・林業・木材関係団体では違法伐採に反対する態度を表明するとともに、木材の合法性を証明する仕組みをつくり、業界を上げて合法性の証明に取り組むことにしています。
 茨城県木材協同組合連合会(県木連)では、会員事業所及び関係木材業者等に対しまして合法性を証明する認定の支援を行っています。

認証制度について

合法木材推進マーク

「茨城県木材業者等登録業者」を対象に、有識者で構成する審査委員会により事業者の認定を行います。

申請手続きについて

所定の申請様式にて、県木連あて申請手続きをお願いいたします。
申請についての詳細は当会にお問い合わせ下さい

認定費用等について

一事業者につき、認定料1万円 維持費1万5千円(3年分)が必要となります。

  • 合法木材供給事業者認定制度
  • 安全衛生教育講習会
  • いばらき地域適合型木造住宅コンペ
  • 柱材プレゼント
会員専用情報
  • ログイン
  • ※一般の方はご覧になれません。